読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arbor_vitae

留年院生。絵描いてます。LGBT調べてます。憲法やってました(過去形)。ここはメモ帳です。

【絵画】絵の練習に関するメモ(1)絵の初心者が「模写」を練習方法に選ぶことの意味は?

 模写は、絵を描き始めた人が最初に手を出す練習法の1つでしょう。以下は、最初期の段階で模写という練習方法を選択するメリットに関する(思いつきの雑駁な)メモです。

 

(1)模写はフィードバックを得やすい

 『究極の鍛錬』の著者、ジョフ・コルヴァンは、「結果に関し役に立つフィードバックのない訓練は価値がない」kindle版 No. 2673)と述べています。絵の練習について考えてみると、1人でオリジナル絵を描く行為は、そうしたフィードバックを得るのが非常に難しい行為であるといえます。なぜなら、多くの場合、デッサンの崩れなどのミスを指摘してくれる先生がいないからです。他方、模写では、お手本をもとに絵を描くわけですから、「どれだけうまくお手本を描き写せたか」を練習後に評価することができます。いってみれば、問題を解いた直後に採点をすることができるわけです。どこが上手く描けなかったか、次に描くときはどうしたらいいのか、模写ならばそういったフィードバックを簡単に得られるのです。

 また、模写では、フィードバックを即時に得ることもできます。私たちが模写をするとき、「間違った線」を引いたと思ったら、すぐに消しゴムで線を消して、新しい線を描きます。これは、フィードバックを獲得してすぐに修正を行う作業を繰り返しているともいえます(フィードバック・ループ)。

 

(2)模写は達成感・上達感を得やすく、モチベーションを維持しやすい

 困ったことに、最初期の絵の練習はあんまり面白くありません(それなりに描いたあとになっても面白いものじゃないですが)。この点につき、『たいていのことは20時間で習得できる』の著者、ジョシュ・カウフマンは、次のとおり述べています。

 スキルを身につけるには時間と努力が必要だが、たいていの人は時間がないし、努力もしたくない。だから「時間ができたら、いつかやってみよう」となる。

 正直言って、テレビを見たり、ネットサーフィンをするほうがずっと楽だ。ほとんどの人がそうするので、やりたいことは夢のままで終わる。

 もう一つ、不愉快な真実がある。たいていのことは上手になるまでおもしろくない。どんなスキルにも、私が “イライラの壁”と呼ぶものがある。まだスキルがおそろしく低く、それが自分でも痛いほどよくわかっている時期だ。しばらくは思うようにいかないことがわかっているのに、何かを始めたいと思うだろうか。(同書kindle版No. 9。強調引用者)

  

 私たちは、成果の上がらない初期の練習で挫折しがちです。しかし、模写では、自分の好きな絵を「見て写す」わけですから、たとえ初心者でも、自分が描きたいと思えるような素敵な絵を簡単に描くことができます。また、これは経験論ですが、模写はすぐに上手くなれます(私の場合、描き始めて10枚目あたりから割と上手に模写できるようになりました)。このことは、やる気を維持するのに非常に効果があるのではないでしょうか。

 

(3)ゲシュタルトの会得に最適である

  練習初期においては、「〇〇をどういう風に描いたらよいのかわからない」という状況にしばしば陥ります。「腕ってどう描くの?」「目ってどんな形なの?」「髪ってどう描けばいいの?」といった具合に。この点、模写という練習方法においては、この「どう描けばいいのか」問題で行き詰まることが少ないです。だって、お手本があるのですから。お手本の通りに描けばいいのです。特定の絵描きさんの絵を何枚も模写していると、その人の「目の描き方」「服の描き方」「髪の描き方」といった要素、いわばゲシュタルト(形態、形状)がなんとなくわかるようになってきます。模写の練習は、こうしたゲシュタルトを獲得するのに非常に役に立つと思います(私も自分の絵を見て、目の描き方はあの人とあの人からもらった、フリルの描き方はあの人の描き方を真似てるな、といったことをよく考えています)。

 

(4)やるべき作業が比較的明確である

  やるべき作業が山のようにあると、どれから手をつけたらいいのかわからなくなってしまうものです。オリジナルの絵を1枚描くためには、構図を考えたり、資料を集めたり、キャラクターの造形を考えたり、アタリをとったりする必要があります。これは心理的負担が大きいうえ、各作業が独立しているため、アタリをとったり構図を考えた時点で投げ出したりしがちです。

 その点、模写ならば、やることは1つだけです。つまり、「目の前にある絵を忠実に描き写す」ということだけ。そして一度描き始めると、顔から胸、そこから肩、腕、といった具合に、次に描くべきポイントが自然にわかるようになっており、完成段階、つまり達成感を得られる段階に到達しやすいのではないかと思います*1

 

(5)必要な道具(教材)が少なくて済む

  まあ単純に、解剖学書とか資料集を買わなくても済むということです。

 

おわりに

 模写の効用について、メタ認知的な観点から色々と考えてみました*2。私自身はこういった利点があると認識して模写をしていますが、もしかしたら他の意見もあるかもしれませんし、私自身の考えが変化するかもしれませんが、まずは、現時点でのメモとして文章化してみました。

*1:また、「片目だけ瞑っている目」とか「背中に手を隠す」という初心者あるあるを回避できるという点、完成していないと「腕だけ無い模写」みたいな奇妙なものになってしまう(だからきちんと完成させたくなる)点も重要でしょう。

*2:コルヴァン・前掲書No. 2642は、訓練におけるメタ認知の重要性を論じています。