読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

arbor_vitae

留年院生。絵描いてます。LGBT調べてます。憲法やってました(過去形)。ここはメモ帳です。

読書

【読書】親が子どもの遺伝子を操作することは本当に許されないことなのか?ーー桜井徹『リベラル優生主義と正義』(2)

以下の記事で紹介した桜井先生のリベラル優生主義と正義に関する話の続き。 arbor-vitae28.hatenablog.com 桜井徹の見解 桜井はリベラル優生主義に対してどう応答するのだろうか?桜井は、遺伝子改良を(1)肉体的改良、(2)知的改良、(3)道徳的改良の3つ…

【読書】親が子どもの遺伝子を操作することは本当に許されないことなのか?ーー桜井徹『リベラル優生主義と正義』(1)

「優生主義(優生学)」の復権? 知的障害者施設において多くの障害者が元職員の男に殺害された津久井やまゆり園事件(相模原障害者施設連続殺傷事件)からもう半年以上経つ*1。この津久井やまゆり園事件は、戦後最大の大量殺人事件としてニュースになったが…

【読書】トップクラスになるための練習法ーーアンダース・エリクソンほか『超一流になるのは才能か努力か?』

1999年公開の映画『マトリックス』の主人公ネオ(キアヌ・リーブスが演じていた)は、コンピュータの支配する仮想世界マトリックスの中で自分自身にカンフーの技術を「インストール」して戦っていた*1。ボタン一つでカンフー・スキル習得というライトノベル…

【読書】大切な練習から逃げない気持ちの作り方ーーエリック・ベルトランド・ラーセン『ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えよう』

ある技術についてプロ並の技術を身につけるには1万時間の練習が必要だという。毎日欠かさず1時間練習しておよそ27年という途方もない練習量である。 我々はたいてい、ある技術を身に着けようと思って練習を始めても、100時間もしないうちにあっさり練習をや…